学校案内

補習校とは?

補習校、塾、日本語クラス・・・それぞれの目的が違います

海外にいると、国語学習と外国語としての日本語クラスを混同しがちですが、補習校の目的は日本語を母国語とした子供の国語学習の場の提供です。外国語としての日本語の学習とは教授法も変わってきます。

そして、国語を習わせたい場合にも、目的によっていくつかの選択肢に分かれます。

補習校では、文部科学省から支給される教科書に沿って、日本のカリキュラムに則って授業をすすめます。基本的には1年生は1年生の教科書を使い、4月から3月までに、それを網羅することになりますが、全日制と比べて授業日数や時間も少ないため、重要なポイントを抜粋した授業となります。授業参観、通知表、遠足、入学式など、学校行事がある場合もあります。また、読み書きだけではなく、話すこと、聞くことも含めた日本の学校教育に近い学習環境を提供し、6年生には最高学年としての意識をもたせたり、精神的な成長もサポートします。

塾は、帰国後に受験するお子さんをお持ちの方が受験対策として通わせる場合が多いようです。教科書以外のドリルや問題集などを使い、子供の能力に応じて、先取り学習などもします。

日本語クラスは、海外の補習校でも大きいところでは「国際クラス」として存在します。日本の学校制度にはちょっと追いつけないけれども、日本語は少しやらせ たいというご家庭のお子さんが、日本語レベルにあったクラスで学びます。国語とういうより、日本語学習に近いかもしれません。

ペナン補習授業校学校案内

毎週土曜日3(+1)時間、年間40日

ペナン補習授業校は、ボランティア教師、保護者により非営利で運営しています。

ペナンには教職の経験があるMM2Hの方も多く、先生方にはとても恵まれていますし、生徒数が少なく、複式クラスになることも多いため、ティーチングアシスタント(TA)のボランティアのご協力もいただいています。また、校長を置いたトップダウンの構成は取らず、式でのお話などは毎回違う先生にお願いしたするなど先生方の負担もできるだけ公平にして、子供たちのためにみんなで力を合わせて運営しています。

授業は毎週土曜日、45分授業(中学部は50分)を国語3コマ、算数・数学1コマで行っています。年間授業日数は40日です。(算数・数学は希望者のみ)

月例朝礼、教室での朝・帰りの会、掃除、2・3時間目の間の20分休みには子供たちは元気に遊びます。また、日本の伝統や季節の行事を取り入れたイベント、授業参観なども行います。

授業予定日は日本の学校の学期制に準拠し、マレーシアの祝祭日を考慮して年度前に決定。年間の授業日は、「授業予定日」をご参照ください。

ペナン補習校に関する詳しい内容は、生徒募集ページの「学校案内」をダウンロードしてください。

運営委員会

ペナンには全日制日本人学校がありますが、最近はインターナショナルスクールや、現地校へ通う日本人子女が増加しています。

駐在員のお子さんが日本帰国時に、日本の学校制度に戻る場合、日本の学校での過ごし方を体験しておくことは大切です。 また、インターナショナル校や現地校での教育を受けさせる為の教育移住や、国際結婚のご家庭も増えています。海外にいるからこそ、日本人として日本の文化や習慣を知ることは本人のアイデンティテイ確立のためにとても大切です。 ​

補習授業校は主に土曜日あるいは放課後に、日本のカリキュラムに沿って補習するための学校で、2010年4月15日現在、世界56か国に201校が設置されています。 ​

日本の学校では一週間で習う内容を短時間でカバーする為、子供にとっては負担も大きく、ご家庭でのサポートも重要になってきます。ただし、塾とは違い、教科書に沿った学習が目的で、授業以外にも伝統的な行事や、一般的な学校行事を取り入れて子供が日本の学校生活を体験するための場でもあります。 ​

​​ ペ ナンでは、2011年秋、元小学校教師、補習校教師経験者、インターナショナルスクールに子供を通わせる保護者などで補習校準備会を立ち上げ、補習校の設立、日本政府認可校としての申請、認定に向けて活動を開始、2018年4月(平成30年度)より認可校となりました。’一方、2013年6月には、マレーシアの非営利団体(ROS)として認定されました。2016年9月現在、中・小学校、未就学児を合わせて50名前後の子供達を迎え、経験豊富な方々のお手伝いにより、質のよい教育を提供、安定した運営を続けています。

ペナン補習校は、保護者にお支払い頂く授業料で運営していますが、余剰金があった場合は学期毎に保護者に公平に返金することもあります。生徒数の増加に伴い、2015年の授業料は開校当初の約半額となりました。学費を低く抑えることで、多くの日本人 子女に日本の学校教育を体験してもらう機会を提供していきたいと思っています。

また、定年後に長期滞在しているロングステイヤーの方が多いペナンならではの特徴として、補習校としては珍しく、教職経験豊かな先生方にご参加いただいております。

Please reload

ペナン補習授業校の沿革

2012年 1月 ペナン補習授業校開校

​       生徒: 8人 - 1年生4人、2年生1人、3年生1人、国際2人
       先生: 担任2人、TA2人

       借用校: オーバーシーズリビング会議室

2012年 4月 平成24年度入学・始業式

       生徒: 11人 - 1年生2人、2年生4人、3年生3人、3年生1人、国際1人

       先生: 担任4人、TA2人 

2012年  9月 借用校をモラルアップリフティングソサエティーに移転

2012年10月 未就学児・国際児低学年向けクラス「たけのっこ」開始

       隔週一時間、保護者の自主運営

2013年  4月 平成25年度入学・始業式

       生徒: 15人 - 1年生7人、3年生3人、4年生3人、5年生1人、国際1人

       担任: 担任4人、TA1人 

      

       たけのっこクラス、毎週2時間、選任教師によるクラスになる

 

2013年 9月 平成25年度2学期・始業式

       生徒: 25人 - 1年生12人、2年生2人、3年生3人、4年生4人、5年生4人、

       担任: 担任4人、TA1人

2013年 9月 ファンドレイジングの一環として、サイエンスナビゲーター桜井進氏を日本より

      招待し、Maths is Funセミナーをワワサン大学で開催

 

2014年 1月 平成25年3学期・始業式

       生徒: 25人 - 1年生10人、2年生3人、3年生3人、4年生5人、5年生4人、

       担任: 担任4人、TA2人 (2年&3年は複式学級)

2014年 4月 平成26年度入学・始業式

       生徒: 33人 - 1年生9人、2年生9人、3年生3人、4年生3人、5年生5人、6年生4人

       担任: 5人、TA3人 (3年&4年は複式学級) たけのっこ: 5人、担任1人

2015年 2月 第一回Japanese for Kids クラス(10回コース)開催

2015年 4月 平成27年度入学・始業式

       生徒: 53人 - たけのっこ7人、1年生11人、2年生9人、3年生8人、4年生2人、5年生4人、6年生8人、中学1年生4人

       担任: 7人、TA3人 (4年&5年は複式学級) 、中学部国語開講、小学部算数開講

 

2016年 1月 平成27年度3学期・始業式

       生徒: 42人 - たけのっこ7人、1年生11人、2年生7人、3年生7人、4年生1人、5年生1人、5年生5人、中学1年生3人

       担任: 7人、TA3人 (4年&5年は複式学級) 

2016年 4月 平成28年度1学期入学・始業式

       生徒: 55人 - たけのっこ8人、1年生10人、2年生10人、3年生9人、4年生5人、5年生2人、6年生3人、

中学1年生4人、中学2年生4人

       担任: 9人、TA3人 (5年&6年は複式学級)、中学部数学開講

2016年 6月 借用校をKDUカレッジに移転

2016年10 月 第二回Japanese for Kids クラス(10回コース)開催

2017年 4月 平成29年度1学期入学・始業式

       生徒: 54人 - たけのっこ4人、1年生5人、2年生13人、3年生8人、4年生6人、5年生6人、6年生2人、

中学1年生3人、中学2年生3人、中学3年生4人

       担任: 13人、TA5人 (5年&6年は複式学級)

 

2018年 4月 平成30年度より日本政府援助認定校となる

2019年 4月 平成31年度1学期入学・始業式

       生徒: 55人 - たけのっこ3人、1年生7人、2年生ー人、3年生ー人、4年生ー人、5年生ー人、6年生ー人、

中学1年生ー人、中学2年生ー人、中学3年生ー人

       担任: 12人、TA3人 

 

© 2018 Penang Japanese Saturday School Association. All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now